Tag Line

これからの働くはどう在るのが自然なのか実験しよう

Story

好きなことを仕事にしたい

誰しもそんなことを思うはず。 もう少し発想をかえて、遊びから仕事を生むことはできないだろうか?考えてみる

個人の発信・受信する情報の量は今後も増えていくはず テクノロジーの進歩によりキュレーションされて、価値観とグループがニッチ化していくはず ニッチ化していく中で、経済合理性だけではない多様な評価軸が出てくるはず

そんな社会において誰かが遊びでつくりあげたものが、他の誰かにとって価値をもつことがあるのではないだろうか

新規事業で損益計算書の見込をたてた上で実行に移されるというプロセスではなく 楽しんで寝食を忘れてのめり込んだ人が生み出す形でものを生み出していけないだろうか

きっとそのほうが僕は好き

今後人数が減っていく中でより雇用は難しくなっていくはず 「このような人材が欲しい・事業を生み出したい」という経営のニーズと、「このように働きたい・好きなことに熱中したい」という人材のニーズの 2 つをうまく満たす形で、自然な心地よい働き方をデザインできないだろうか?がテーマ。

どういう業界・職種から順に社会実装されていくか、それをどのように加速していけるかがテーマ。

Artifacts

Tool

  • AWS (Route53, CloudFront, S3)
  • HUGO

Reference